RULES&MANNERS ルール&マナー

波乗りにも、陸上の交通ルールと同じように独自のルールがあります。
数ある中から特に重要なものをご紹介します。

① 前乗り(ドロップイン)禁止!
これは、他の人がライディングしている前を滑り降りたり、割り込んで波に乗ることを言います。
優先権があるのは、ピークもしくは一番ピークに近いところからテイクオフした人のみ。
自分よりもピークに近い人がテイクオフしたら、その波には乗らない事。

② スネーキングをしない!
ピークから乗ろうとしている人の前もしくは後ろからピークに回り込んでピークの奥から乗ってはいけません。
自分の方がピークに居るからと言うのは、マナーに反してます。

③ ゲッティングアウトは人の邪魔をしない!
沖へ出るときは、波に乗ってきている人の邪魔をしないように、ライディングのラインを避けて沖へ出るようにしましょう。
波乗りは、波に乗っている人に一番の優先権があります。

④ 他のマリンスポーツと海を使い分ける!
海には、ウィンドサーフィン・ヨット・ウェイクボードなど、様々なマリンスポーツをやっている人々がいます。
サーフィンや、オンショアが強く波のある日のウィンドサーフィンなどは波に乗るスポーツなので、お互いが楽しく波に乗れるように気をつけて波乗りしましょう!

⑤ 海水浴場でのマナーを守る!
夏の海水浴シーズンは、ポイントによっては海水浴場になってしまい、規制が入るところがあります。
大抵の海水浴場ではボディーボードのみ入ることが可能ですが、
場所によって規制のされ方が違いますので注意してください。
また、ボディーボードとはいえ、海水浴客にとっては凶器になりかねないので、波打ち際でのライディングは十分に気をつけて行うようにして下さい。

⑥ 自信過剰は事故のもと!
海に入るときは自分の体力・技術を過信せずに、無理だと思ったら決して入らないように!
サーフィンはあくまでも、個人のスポーツですからあきらめるのも勇気!
事故になってからでは遅いのです。

⑦ ローカルルールを守る!
サーフポイントにはポイントごとのルールがあります。由比ガ浜海岸には様々な海浜利用が共存し、沢山の協定(ローカルルール)が存在しています。
サーフィンを楽しむためには、まず「ローカルルール」をよく理解し、それを守ってください。
ルールがわからない人は、サーフショップや地元サーファーに聞いてください。

海の中で、一番保護されなければならないのは遊泳者です。
サーフボード等の浮力体を使用する場合は、周辺にいる遊泳者の安全を最優先するとともに、サーファー同士もお互いに十分気をつけましょう。
そして、ぶつかってしまったり、他人のライディングの邪魔をしてしまった場合は、相手の無事を確認して素直に謝りましょう。
万一、相手がケガ等をしてしまった場合は、第一にケアを心がけましょう。
漁船が出入りするときは、周りのサーファー同士で声を掛け合い、すみやかに漁船の進路を空けましょう。

由比ガ浜海岸での海水浴場開設期間は、9:00~17:00はサーフィンは禁止です。

一般の自動車の砂浜への車の乗入れは「海岸法」で禁止されています。
路上駐車は絶対にしない、駐停車中は、アイドリングストップしましょう。
なるべく、公共交通機関を利用しましょう。
自転車やバイクでボードを運ぶ際はスピードを出さないようにして、歩行者や他の車両に注意しましょう。
ゴミは必ず家に持ち帰り、拾えるゴミは拾いましょう。
ビーチクリーンを行っているときは遠慮せずに参加しましょう。

TOPへ

コメントは受け付けていません。